当社トラベルビジョン主催の「観光産業応援!プラネタリウムチャーターフライト」の開催延期、緊急事態宣言発令で

  • 2021年1月11日(月)

 トラベルビジョンとスターフライヤー(7G)は、1月7日に発令された緊急事態宣言を受け、1月31日に開催を予定をしていた「観光産業応援!プラネタリウムチャーターフライト」を延期することを発表いたしました。

 延期となった遊覧企画フライトは新型コロナウイルスにより多大な影響を受けている旅行・観光産業に笑顔と感動を感じてほしいという企画の呼びかけに、プラネタリウムの設計、製造、販売、企画プロデュースなどを手掛ける大平技研や、航空機の運航支援やコンサルティング、チャーターサービスをおこなうWAB、ホテル・レストラン・ウェディングの業界紙の週刊ホテルレストランの協力を得て開催する予定でした。

 昨年の12月10日から今年の1月3日の応募期間中に、招待枠33組(99名)に対して、約10倍の300組以上の応募がありました。当選者は今月中に順次通知予定ですが、延期実施日が決定していない場合はあらためてご連絡いたします。

 また今回の遊覧企画フライトは2月以降に延期の予定ですが、緊急事態宣言の延長等により再度の実施延期や中止の可能性があります。

この記事へのコメント

コメントを書く

■国内・訪日ニュース

マカオ航空

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ